大阪(ミナミ/宗右衛門町/梅田/北新地/京橋/十三/天王寺/西中島南方)・京都・兵庫・近畿・関西 高収入求人情報・高収入アルバイト情報サイト「みるポケ」

高収入求人専門サイト「みるポケ」関西版|店舗詳細(営業許可届済確認店)

Aroma De Pari アロマ デ パリ

掲載地域 大阪府/日本橋
業種 エステ・性感
最終更新日 2017/08/18 14:17

このページを携帯で見る。(携帯でQRコードを読み取るとこの求人にアクセス出来ます)このページを携帯で見る。(携帯でQRコードを読み取るとこの求人にアクセス出来ます)

カレンダー

<<2018年09月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

過去のブログ

最近のブログ

  • ブログアロマオイル使い方~芳香浴編~
  • カテゴリー:エステ
  • 2015/10/12 23:06
    • アロマオイル使い方~芳香浴編~
  • こんばんは、アロマ・デ・パリの求人担当です。

    本日のブログでは、
    簡単なアロマオイルの使い方をご紹介します。
    アロマオイルの使い方も様々あります。

    ・芳香浴
    ・アロマバス
    ・アロマトリートメント


    ☆芳香浴は最も一般的なアロマテラピーの方法で、
    空気中に拡散させた精油の香りを鼻から吸収する方法です。

    ★ハンカチ・ティッシュペーパー・コットン
    これに、精油を1~2滴落とし鼻に近づけて吸入し香りを楽しみます。

    ※注意:直接肌に触れないように気をつけて。
    また、シミになる場合があるので、ハンカチを使う場合は気をつけてください。

    寝つけない時、寝苦しい時は枕元に置くのが効果的です。
    また花粉症や風邪気味の場合は、マスクの皮膚につかない部分に1滴落とすと鼻水やくしゃみが軽減されます。

    ★マグカップ
    マグカップに熱いお湯をいれ、精油を1~2滴落とすと、
    湯気とともに香りが広がります。
    お湯を足しながら香りを楽しめますよ。

    ※注意:間違って飲まないように!


    ★アロマランプ
    電球の熱で精油を温めて香りを拡散させる方法です。
    受け皿に精油を4~5滴落とします。
    器具によってはお湯か水を入れてから精油をいれるものもあります。


    ★アロマ加湿器
    加湿器に精油を落とす方法です。
    部屋の乾燥を防ぎながら、アロマも楽しめます。


    ★ディフューザー
    精油を温めずに香りをミクロの霧状にして空気中に拡散させます。
    電気式なので火の心配もなく、精油本来の性質を損なわずに香りを楽しむことができます。
    拡散力が強いのが特徴です。


    ★オイルウォーマー
    キャンドルの熱で精油を温めて香りを拡散させます。

    受け皿に水かお湯を7~8分目まで入れ、精油を4~5滴落とします。
    その後にキャンドルに火を灯します。

    キャンドルの火がゆらゆら揺れて、やさしい灯りが心を癒してくれます。

    ※注意:空焚きや消すことを忘れないように。


    ★アロマミストディフューザー
    電気式の芳香器具。

    水と精油を入れると、香りとともにミストが心地よく空気中に広がり、
    肌に潤いを与え、リラックス効果も高めてくれます。



    今回は芳香浴を中心にご紹介いたしました♪

    一般的でポピュラーな芳香浴ですが、
    精油によっては3歳未満の乳幼児には使用できないものもありますので、
    確認してみてくださいね。

↑ページトップ